日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





支那そば 大和@稲荷町

支那そば 大和@稲荷町 鶏塩そば

■鶏塩そば/850円

 池尻大橋の名店『八雲』にルーツがあるお店。本家同様、白・黒2色の支那そば/ワンタン麺が人気だが、ときおり独自の期間限定ラーメンがメニューに加わる。この日お店の前を通りがかったら、新作のポスターが出ているのに気づきさっそく食べてきた。お店のTwitterによると、11/7から提供していたようだ。

 豚バラチャーシューや揚げエシャロット、味玉が盛り付けられた塩ラーメン。アッサリしたスープを勝手に想像していたが、鶏のダシは予想以上にしっかりしており、鶏油も浮いて重厚な印象。細かく刻んだネギの香りもよく、揚げエシャロットも香ばしくて麺をたぐる手が止まらない。美味しゅうございました。レギュラーメニューとしても遜色ない。というか、素人目ではこの一杯で店が開けるのではないかと思うくらい。期間限定にしておくのはもったいない出来なのだが、今のところは1日10食限りとのこと。売り切れる前に急げッ。

■支那そば 大和
東京都台東区東上野6-1-7

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






麺屋 薫堂@仲御徒町

麺屋薫堂@仲御徒町 味玉塩らーめん

■味玉塩らーめん/通常価格950円(予定)

 春日通りと蔵前橋通りに囲まれた住宅街(?)にあるお店。個人的には今もっとも気に入っているお店のひとつで、少なくとも週に1度は食べに行っている。オープンしてから1年半近く経つだろうか? 徐々に人気が出てきてランチタイムは混むことも珍しくなくなった。

 夏場にお休みしていた「塩らーめん」が来週からメニューに復帰予定ということで、一足早く試食させてもらった。土台となるスープは他の醤油らーめんと同じ。昨年バージョンとは作り方が変わっているそうだが、素直で品の良いダシの風味を楽しめるラーメンであることに変わりはない。トッピングは蒸し鶏のチャーシューにカイワレ、ネギ。鶏チャーシューは昨年版よりもしっとりした食感になっている。実際のスタート時はカイワレももっと増えるようだし、鶏チャーシューも研究中で変わる可能性があるのだとか。美味しゅうございました。ホントに毎日でも食べに行きたい。

■麺屋 薫堂
東京都台東区台東3-4-5

posted by S谷 14:30comments(0)trackbacks(0)






ら麺亭@浅草

ら麺亭@浅草 肉厚ワンタン麺

■肉厚ワンタン麺/600円

 浅草・伝法院通りのはずれにある小さなお店。ワンタン麺と焼売が名物で、今年で創業32年になるそうだ。お昼時は行列が絶えないが、割と回転が速いのでさほど待たずに食べられる。

 この日食べてきたのは、お店イチオシの「肉厚ワンタン麺」。タレ主体のアッサリ系鶏ガラスープに、少し縮れた細麺を合わせた醤油ラーメンに、餡たっぷりで大粒のワンタンが5個も入ってこの値段。圧倒的なコストパフォーマンスでかなりお値打ちだ。麺のゆで加減も少し固めで、私の好みにぴったり。正直なところもっとチープなラーメンを想像していたので、これは驚いたなー。美味しゅうございました。

■肉厚わんたん麺と手作り焼売 ら麺亭
東京都台東区浅草1-39-9

 

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






焼鳥 鳥せい@北浦和

 北浦和駅西口から徒歩4〜5分、常盤9丁目の住宅街にある高級焼鳥店。少し前から平日ランチタイムのメニューにラーメンが加わったそうで、北浦和駅に宣伝ポスターが掲示されていた。ラーメンは濃厚白湯スープを使った「鶏白湯そば」と、澄んだスープの「鶏ダシそば」の2種類。「鳥料理専門の職人が作る至福の一杯」とのことで、美味そうではないか。

 自宅の近所なのだが、平日のランチタイムのみの提供でそう簡単に行けないな……と思っていたが、今週は何日か自宅で仕事をしていたのでどちらも食べてきた。

焼鳥 鳥せい@北浦和 鶏白湯そば

■鶏白湯そば/1026円(950円+税)

2種のラーメンのうち、濃厚な方。といってもスープはドロリとしたタイプではなく、サラリとした口当たり。鶏の臭みはまったくなく、独特の甘味が抽出された感じで美味い。トッピングはサニーレタスに紫タマネギ、ネギ、味玉(白いので一見してゆで玉子だが、しっかり味は付いている)と部位の異なる2種類の鶏チャーシュー。鶏チャーシューはしっとりしたムネ肉と、焼き上げたモモ肉が入る。どちらも美味かったが、特にモモ肉はさすが高級焼鳥店という炭火焼きで香ばしい。

焼鳥 鳥せい@北浦和 鶏ダシそば

■鶏ダシそば/918円(850円+税)

 こちらはアッサリタイプ。ポスターを見て、オーソドックスな醤油ラーメンを勝手にイメージしていたのだが違った。鶏の風味を前面に押し出したスープで、ほどよい塩加減に調味されている。醤油味は淡め……というか、塩ラーメンといってもいいかも。トッピングはネギに三ツ葉に味玉、2種類の鶏チャーシュー。

 どちらも美味かったが、個人的な好みでは「鶏ダシそば」の方が好きかも。やはり鳥料理の専門店だけあってか、鶏チャーシューは特に美味かった。夜にカミさん連れてきてやりたいが、子ども小さいうちはしばらく難しいだろうな……。

■焼鳥 鳥せい
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-13-5

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 フォン・ド・シュブルイユをグランヴヌールで レンコンのガレットと和栗のモンブランと供に

■フォン・ド・シュブルイユをグランヴヌールで レンコンのガレットと和栗のモンブランと供に/900円

 淺草通り沿いにある黄色い看板のお店。鶏のスープを使ったシンプルな醤油ラーメンが人気だが、定期的に入れ替わる特別メニューも相当面白い。店主はフレンチ出身で、その技法をこれでもかと活かしたものが多いのだ。10〜11月の期間限定特別メニューは「フォン・ド・シュブルイユをグランヴヌールで レンコンのガレットと和栗のモンブランと供に」。

「フォン・ド・シュブルイユ」とは鹿肉を使ったスープで、グランヴヌールはジャムを使った甘いソース。このお店ではジビエを使ったラーメンを何度か食べているが、このドロリとした濃厚なスープに縮れの入った極太平打ち麺という組み合わせは特にインパクトの強い組み合わせだ。トッピングの肉も鹿だそうだが、しっとりして美味い。スープとソースを鹿肉に絡めて食べれば、ベリーの甘味がラーメンを食べていることを完全に忘れさせる(というかそもそもラーメンなのか、という議論もあるが)。

 面白い一杯。美味しゅうございました。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ@稲荷町 濃厚 miso MAD

■濃厚 miso MAD/1000円

 下谷神社近くの裏通りにある、カニ(マッドクラブ)と煮干しのラーメンのお店。このエリアではかなりの人気店になっており、ランチタイムは行列が絶えない。ラーメンの味はもちろんのこと、店主の明るいキャラも人気の理由かも。そして定期的……というか、ほぼ毎日何かやってる特別メニュー目当ての客も多そうだ。

 この日の特別メニューはカニの濃厚スープを使った(?)味噌ラーメン「濃厚 miso MAD」。前日に味噌ダレをたっぷり仕込んだそうだが、早くもなくなりそうな勢いと聞いてさっそくランチに食べに行った。赤味噌やショウガなどを使った味噌ダレはスパイシーで強い味。食べ進めるうちにじんわりと汗をかいてくる。土台のスープは濃厚でトロミがあるほど。ほどよいコッテリさがあって強い味噌ダレをしっかりささえており美味いが、スープの味はちょっと隠れてしまった気もする。けっこう贅沢な一杯なのかも。

■さんじ
東京都台東区東上野3-25-12

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






麺家Shumen Doushi@南与野

麺家Shumen Doushi@南与野 秋刀魚まぜSOBA

■秋刀魚まぜSOBA+半ライス/950円

 埼京線の南与野駅と、京浜東北線の北浦和駅の間、埼大通り沿いにある緑色のラーメン店。お店の外壁に鶏・豚・牛のイラストが描かれており、それぞれを合わせたスープ・具材を使ったラーメンがウマイ。

 この日はカミさんと子ども二人と一緒にランチ。期間限定の「秋刀魚まぜSOBA」を食べてきた。ちなみに初めての来店ではこのメニューを注文することが出来ないルールがある。このルールは徹底されているようで、食券を渡して注文する際に念を押される。

 鶏そぼろ、豚バラチャーシュー、牛のしぐれ煮(……?)のような3種の肉にたっぷりのネギ、生卵、マヨネーズ、そしてネギの下にはサンマの蒲焼きが盛り付けられている。器の底には、モッチリした太麺と、独特の香りがあるタレ。サンマ蒲焼きとタレの味が混ざった味がなかなか魅力的だ。麺を食べ終えたら、残ったタレや具材の中にライスを放り込んで一緒に食べる。サンマ蒲焼きと白飯の相性が良いのは皆さんご存じの通り。ライスまで食べるとかなりお腹いっぱい。美味しゅうございました。

 これまでも何度かここに子どもを連れてきているが、最近は子ども用のメニューを選ぶのにちょっと悩んでしまう。だいぶ前はチャーシュー1枚にネギやメンマが入った、いわゆる「ノーマル仕様」っぽいメニューがあったのだが、しばらく前から具なしの「かけSOBA」と具だくさん仕様の「極 -Kiwami-」だけになっている。具だくさんを注文して残ってしまってももったいないし、麺とスープだけというわけにもいかない。場所がら子連れ客は多そうなのでノーマル仕様の需要はあると思うのだが……。

■麺家Shumen Doushi@南与野
埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-11

posted by S谷 13:30comments(0)trackbacks(0)