日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【リニューアル】らーめん えんや@王子

えんや@王子 塩らーめん

■塩らーめん/500円(通常価格800円)

 JR王子駅の北口改札を出てすぐのところにあるお店。もともと京本東北沿線エリアでは屈指のうまいラーメンを食べさせるお店だったが、11月6日にメニューを刷新してリニューアル。これを記念して、看板メニューの塩ラーメンを500円で提供するキャンペーンを行っていたので早速食べに行ってきた(11月7日で終了)。

 大判のチャーシューに岩のり、山クラゲなどをトッピングした塩ラーメン。スープは澄んでおり、表面の油が黄金に輝くきれいな一杯だ。スープを一口飲めば、以前との違いははっきりわかる。新しい「塩らーめん」のスープは、魚介がグッと前に押し出されており、鮮魚でも使っているのかと思ったほど(実際はどうなのか知らないが)。山くらげのコリコリした食感も好み。文句なく美味かったが、前の味もかなり客を掴んでいたはずなので、大胆なリニューアルと言えるだろう。

 新しいメニューの写真はこちら。「塩らーめん」の刷新だけでなく、新たに「シビれる辛さ」の「麻辣塩らーめん」も新発売となった。きっと「醤油らーめん」や「塩つけ麺」も新たなスープで作り直されているのだろうな。ちょいちょい通って食べてみよう。

■らーめん えんや
東京都北区岸町1-1-10

 

posted by S谷 18:00comments(0)trackbacks(0)






つけそば 神田勝本@神保町

つけそば 神田勝本@神保町 特製清湯つけそば

■特製清湯つけそば/1030円

 水道橋『勝本』の2号店で、こちらは「つけそば」をメインに出しているお店。場所は神保町駅と御茶ノ水駅の間で、三省堂書店斜め向かいの三井住友銀行とマクドナルドの間をしばらく進んだ先になる。メニューは醤油味のつけめん・ラーメンの「清湯  しょうゆ  つけそば」「清湯  しょうゆ  そば」を軸に、各種トッピングなどで構成。

 注文したのは「特製清湯つけそば」。水道橋のお店がけっこうコッテリしているのに対し、こちらはスッキリした和風スープを使っている。もっちりした太目のストレート麺と、茹で加減硬めの細ストレート麺を両方食べられるのは面白い試み。個人的には太麺の方が好みだが、両方を比べて食べられるのはやはり楽しい。麺の量は並盛りで合計280gというので結構なボリュームだが、割とサクッと食べられてしまう。

 いやぁ美味かった。この日お店に行ったのは15時近かったが、こんなにランチタイムを外した時間帯でもしばらく行列に並んだ。この人気にも納得。

■つけそば 神田勝本
東京都千代田区神田猿楽町1-2-4

posted by S谷 13:38comments(0)trackbacks(0)






MENSHO SAN FRANCISCO@新宿ミロード7F

MENSHO SAN FRANSISCO@新宿ミロード 具材たっぷり!エビとトマトのベジつけめん

■具材たっぷり!エビとトマトのベジつけめん/1000円

 市ヶ谷の『麺や庄の』が2016年に米国サンフランシスコに進出し、2017〜2018年と続けて現地のミシュランガイドに選ばれた『MENSHO TOKYO SAN FRANCISCO』が今度は日本国内に逆輸入。2018年7月に新宿ミロード7Fの飲食店街にオープンした。早く行きたかったのだけれどなかなか機会がなく、ようやく初訪問。

 家族で食べに行き、私が注文したのが「具材たっぷり!エビとトマトのベジつけめん」。その名の通り、野菜の具材がたっぷり乗ったつけ麺で、以前新宿御苑前にあった系列店『gotsubo』を彷彿とさせる。つけ汁はクリーミーで濃厚。麺の食感もふわふわしていて面白い。見た目の面白さも『庄の』らしくていい。

MENSHO SAN FRANSISCO@新宿ミロード 醤油らぁめん

■醤油らーめん/780円

MENSHO SAN FRANSISCO@新宿ミロード 塩らぁめん+炙りチャーシュー

■塩らーめん/780円+炙りチャーシュー1枚/120円

 こちらは子供たちが食べた「醤油らーめん」と、カミさんが食べた「塩らーめん」。和風ダシの香るスッキリした一杯で、子供たちも喜んで食べていた。柚子……とは違うかな? どちらも柑橘系の香りが特徴で、洗練された印象。子供用の取り分け皿などもオシャレ。

 ちなみにこの日は隣の小田急百貨店11Fで開催されていた『TRYラーメン大賞フェスティバル』の最終日。そちらもちょっと覗いてきたけれど、12時過ぎで『飯田商店』は完売なのね。驚いた。

■MENSHO SAN FRANCISCO
東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード 7F

 

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






【移転リニューアル】つけめん さなだ@北千住

つけめん さなだ@北千住 味玉・鶏ほぐしつけめん

■味玉・鶏ほぐしつけめん/1100円

『六厘舎』の元店長が経営する人気店『つけめん さなだ』が、埼玉県の三郷から都内に移転してリニューアル。10月25日から新しいお店で営業を再開している。場所は北千住駅の西口から5〜6分歩いたところで『猪太』の跡地。三郷の頃とはメニューを変えており、今のところメニューは「大山鶏のつけめん」と各種トッピング類、ご飯もののサイドメニューやドリンク類のみ。そのうち「大山鶏の夜鳴きそば」「限定中華そば」なども始まるみたい。

 今回食べてきたのは「味玉・鶏ほぐしつけめん」。大山鶏の白湯スープと魚介ダシを使ったつけ汁に、浅草開化楼の太麺を合わせている。鶏白湯スープの甘味が後を引いて美味い。麺はモチモチ……というか少しフカフカしたような食感で、少し柔らかめと思ったけれど弾力もあって面白い食感。麺の量は並盛りで200gあるのだそうだ。トッピングは、豚の肩ロースと大山鶏のムネ肉を使ったチャーシュー、鶏節。鶏チャーシューはムネ肉だがしっとりしていて好みだった。味玉はかなりしっかり味が染みているが、醤油のアルコールのような香り(?)もあって大人向けのテイスト。酒のアテになりそう。

 美味しゅうございました。お土産用の冷凍つけ麺が始まったら買いに行こう。

■つけめん さなだ
東京都足立区千住3-6-1

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






煮干し中華そば 山形屋@大つけ麺博2019

煮干し中華そば 山形屋@大つけ麺博2019 山形、酒田背脂煮干し中華そば

■山形、酒田背脂煮干し中華そば/870円

 新宿歌舞伎町の奥地、大久保公園で開催中の「大つけ麺博」。会場に来るのはずいぶん久しぶりで、記録を確認したら前回来たのは2013年だった。イベントの様子もだいぶ様変わりし、「大つけ麺博」と言いながらも出店している8店舗のうちつけ麺を出しているのはわずか1店舗のみ。参加店舗も100近いらしい。

 食券制でラーメン1杯870円。追加トッピングは各店で現金で支払う仕組み。数多くのラーメン店が次々と入れ替わる形式で、ラインナップはほぼ毎日変化する。常時8店ほどがラーメンを出しているようだ。

 食べてきたのは「山形屋」の「背脂煮干し中華そば」。実際の店舗は東京にあるそうだが食べに行ったことはない。刻みタマネギや岩のりが入るので、新潟の背脂煮干ラーメンのようなものをイメージしていたが、けっこう違っていた。いわゆるチャッチャされた背脂粒はほぼ入らない。かわりに液状のラードが表面を厚く覆い、かなりギトギトした印象。油がスープを覆ってしまうせいか、煮干し風味は隠れてしまったようだ。麺は太く平たくて、かなり固めの茹で加減。麺はインパクトがあって食べ応えがあったが、煮干しの風味はもっと強い方が好きだしちょっと油っこ過ぎたかな。

■煮干し中華そば 山形屋
東京都足立区竹の塚3-5-1
大つけ麺博では10/26(土)まで出店予定

■大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭
東京都新宿区歌舞伎町2-43
11/4(月)まで

posted by S谷 17:00comments(0)trackbacks(0)






中華そば 勝本@水道橋

中華そば 勝本@水道橋 中華そば

■中華そば/730円

 京都のホテルの総料理長だった人物がラーメン店に転身し2015年にオープンしたお店。系列店の『銀座八五』『神田勝本』などと同様、高級感のある落ち着いた内装になっている。メニューは基本の醤油ラーメン「中華そば」に、あさり塩スープを使った「塩そば」、煮干し豚骨スープを使った「濃厚煮干しそば」、1日30食限りの「濃厚煮干しつけそば」を軸に、各種トッピングやご飯モノ、ビールなどを揃えている。

 注文したのは「中華そば」。上品でアッサリしたラーメンを勝手に想像していたのだが、現れたラーメンはけっこうオイリーでダシも力強く、極めて「真っ当」なラーメンだった。スープは煮干しなどが突出することもなくバランスよくまろやか。麺はやや柔らかめに茹でられた細ストレート麺で好み。チャーシューはそこそこ厚みもあるのにブリブリと柔らかく、メンマはコリコリ。そして何だか海苔が美味かった。

 美味しゅうございました。こんなお店でこの味を、この金額で出せちゃうんだ……。恐れ入りました。

■中華そば 勝本
東京都千代田区三崎町2-15-5

 

posted by S谷 18:30comments(0)trackbacks(0)






天神下 大喜@仲御徒町

天神下 大喜@仲御徒町 特製とりそば

■特製とりそば/950円

 説明不要の超有名店。何を食べても美味しいが、一番人気は「とりそば」だろう。「とりそば」は20年近く前にテレビのラーメン番組で日本一をとり、このお店が一躍有名になるきっかけを作った看板メニュー。先日、ご主人がTwitterで「とりそば」のリニューアルを告知。さっそく食べに行ってみた。

 注文したのは具だくさんの「特製とりそば」。鶏の風味たっぷりのスープに自家製の細ストレート麺を合わせ、鶏チャーシューや鶏ミンチ、たっぷりの白髪ネギなどを盛り付けたラーメン。以前に比べてだいぶ鶏が強くなり、「アッサリ」という言葉では表現しにくいかも。長らくアクセントに春菊が使われてきたが、スープが濃くなるのにつれて春菊では合わなくなってしまったのか、春菊の代わりに柚子のオイルペーストが入るようになった。濃くなったスープを柚子がスッキリさせ、スルスルと最後まで美味しく食べられる。

 しかし今回のリニューアルで一気に変わったわけではない。1年くらい前からスープはどんどん濃くなってきていたし、春菊が使われなくなってからも数ヶ月経つ。最近は柚子皮が入っていたんじゃなかったかな。とはいえ、しばらく「とりそば」を食べていなかった人は結構な変化に驚くかも。

■天神下 大喜
東京都台東区台東2-4-4

 

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)